峠の山小屋Ⅱ

ウスバキトンボとノシメトンボ ミヤマカラスアゲハ 鮎も

  稲穂の上をたくさんの黄色いトンボが飛びまわっています    ウスバキトンボの群です      お盆のころ一番多くなるので 年寄は「盆トンボ」と呼んでいました   山の峠道でノシメトンボに出会った      ノシメは「熨斗目」で昔の武家の着物の柄の一つで腹部に縞模様がある小袖の事らしい        今では七五三の晴れ着の模様として残っていると聞く       翅の先の褐色の模様...

アオモンイトトンボと ウスバキトンボ

市街地の原っぱで見つけたイトトンボは アオモンイトトンボ   オスと思っていましたが、青色タイプのメスだった   典型的なメス 綺麗なオレンジ色が出ている 未成熟のメスという見方もあるようだ 2日後にまったく別の所 郊外のため池で見つけたイトトンボは全部アオモンイトトンボでした      あっちでも こっちでも 交尾中のカップルが  偶然上方に写り込んだのはユスリカの...